IN.THE.HOUSE Co.,Ltd.

親の家片付けコース

TOP > お片付けコース一覧 > 親の家お片付けコース
こんな方におすすめ
  • 実家の片付けに悩んでいる。
  • 体力が衰えてきた親の片付けを助けたい。
  • 不用品など物がたくさん出ていて家の中が危険。
  • 一緒に片付けを手伝ってくれる人がいない。
  • 実家が遠くて片付けに行けない。



ご実家のこんなお悩み…ありませんか?

○親御さまとの関係
・「片付け」の言葉を出しただけでご機嫌ナナメ。親と揉めるのはもう懲り懲り。
・親は物がない時代を経験してきた世代、片付けには消極的。心配は募るばかり。

○物が多い・処分できない
・「いつか使うから」「もったいない」と言っては、使わない物までため込んでいる。
・食品や日用品はたくさんあるのに、同じ物を次々と買ってくる。
・押入れは開かずの収納。引き出物や頂き物が箱入りのまま大量にある。

○お部屋の状態
・昔は掃除や整理整頓もできていたのに、年々部屋が雑然としてきている。
・至るところに物が散乱!危なくて孫の顔も見せに行けない。
・服を畳むことが億劫なようで、あちらこちらに服の山ができている。
・片付いていないから、いざという時に救急車も呼べない。

○食品の管理
・キッチンだけに収まらず、廊下や玄関にも大量の食品ストックがある。
・賞味期限が切れた食べ物を、気づかずに食べてしまわないか心配。

○安全面
・家中の家具の上には物が積み重なり、寝室はタンスがそびえ立つ。地震を思うと心配。
・何でも床に置くので、足の踏み場がない。転倒しそうで心配。

○衛生面
・視野が狭くなり視力も落ちてきて、ホコリや汚れに気づかない。
・調味料やキッチンツールを出したままの汚れたキッチン。掃除をしている様子がない。

「親の家お片付けコース」で できること

・お身体や生活習慣を考慮した部屋割りのご提案
・安全と生活動線に配慮した家具の配置替え(大型・特殊な家具は動かせない場合があります)
・家具の移動に伴うお掃除
・物置や納戸・押入れなど収納場所の整理整頓とお掃除
・「使う物・保管しておく物」と「不要な物」の選別をお手伝い
・無理なく出し入れができて、探し物をしなくて良い収納
・服の管理が楽になる、掛ける収納をご提案
・安全でお手入れがしやすいキッチン収納
・日々のお掃除が簡単で清潔に保つことができる環境づくり

お片付け依頼:親の家片付けコース
親の家お片付けコースについて

「親の家お片付けコース」は、
『親にはいつまでも元気で快適な老後を送ってほしい』
『そろそろ実家の片付けを』
そう思うものの、何から始めたら良いのかわからない・時間がとれない・人手が足りないなど、なかなか踏み出せずお悩みの方にオススメのコースです。

「美しい暮らしの空間アドバイザー」が親御さま・お申込者さま双方の思いをお聴きし、一緒にご実家を丸ごと片付けます。
この先も、親御さまにハツラツと過ごしていただけるように、安全で快適な環境づくりをお手伝いします。

  • アドバイザーが了承なく物を処分することはありません。物の取捨選択は、親御さま または お申込者さまに判断していただいております。
  • ご訪問日には、お申込者さまに立ち合っていただくことが望ましいですが、遠方・多忙などの事情で立ち合いが難しい場合には、アドバイザーへご相談ください。親御さまの了承があり、お申込者さまの立会いがなくても差し支えがないと判断ができれば、ご訪問は可能です。
  • お申込者さまが作業に立ち会えない場合は、作業内容・写真をご訪問の都度、メールでご報告します。
  • 多くの物を処分したり、大掛かりな清掃が必要な場合は、専門業者との併用をお勧めすることがあります。
  • お片付け完了後は「フォローアップコース」へのお申込みもオススメです。日常的なお掃除やお片付けについてサポートを受けられ、料金は通常価格より20%もお得です!
「親の家お片付けコース」での流れ
  • お申込者さまから見て、心配なことやお困りになっていること、留意する点などをヒヤリング
  • 親御さまから日頃不便に感じていることや、片付けでお困りのことをヒヤリング
  • 全てのお部屋と収納の現状を拝見し、片付かない原因についてカウンセリング
  • 「片付けの順番」をご説明
  • お身体や生活習慣に配慮した収納・片付け方をご提案
  • 安全と動線を考えた家具配置のプランニング
  • 簡単な衣類の畳み方をレッスン
  • 不要品選別のお手伝いを含む、片付け作業を実施
お片付けのお申込みはこちら
ページ上部へ